【私の隠れたる趣味最終回ルーブル美術館展】

私の隠れたる趣味、美術館巡りの最終回は国立新美術館で開かれている「ルーブル美術館展」参観でした。何しろ、ほぼ門外不出のフェルメールの【天文学者】が初来日となれば、隠れ美術ファンとしては駆けつけないわけにはまいりません。それにしても、チケットを買うまでUV最強の直射日光下で30分の行列、更に入館できるのが40分待ちで、入館してからも【天文学者】の前で立ち止まることは許されず、大勢の参観者がしずしずとその前を一列縦隊で行列しながら横目で鑑賞です。約2時間の鑑賞が終えてから、館内のカフェでケーキセットでしょう。売店でお土産でしょう。外へ出てからレストランでお食事でしょう。その後、何やかにやと身の回りの品のショッピングでしょう。その間の駐車場代でしょう。『芸術は爆発だー』って叫んでた方いらっしゃいましたけど、私は『芸術は散財だー』って叫びたい気分ですわよ。アラ、私としたことが、はしたないことを・・・オホホ

(画像:延々と行列。芸術はお腹がすく)