タイ古式マッサージセラピストあいです。

セラピストとして女性として日本人として…
「おもてなしの心」を磨く講演を聴講いたしました。

元スチュワーデス安藤円香さんが教える
「接遇術」

川崎商工会議所セミナー
約50名の受講生の講演風景です。

元スチュワーデス安藤円香さんが教える接遇術

安藤先生(真ん中)と受講生の女性陣と共に。

(安藤先生の右隣が、わたしセラピストあいです。)

「接遇術」のなかに、
褒める習慣を持とう!というお話しがありました。

接遇を行なうには、土台作りから大切にしようというお話しで、
社風や、家族間・夫婦間の関係を良くする。
当たり前の日常でも、
褒め合う関係はお互いを高め合えるという事でした。

タイ古式マッサージセラピストとしても、
施術中や施術を終えたときに、
何かアドバイスやお話しされる事を、無意識で待っていらっしゃる
お客さまも多いように感じるんです。というのも、

淡々と…マッサージを受けました、終わりました、帰る支度します、というよりも、

「後頭部にコリが目立ちますが、眠れていますか?」
「お背中の硬さから、血圧が心配になりました」

というように、感じたことをご質問すると、
お客様が突然ご自身の体の事について、
物凄い勢いで話し出されることがあるからです。

話すことで、気の滞りが流れてスッキリする…
癒しマッサージ独特の良いところだと思います。

体の不安の話は、暗くなりがちな内容ですが、
体の中に、どなたでも素晴らしいところがあるので、
それもお伝えしたいです。

商売や営業トークではなく、
”指圧の心は母心”の母心から湧きあがる言葉なんですよ。

打ち上げ

「接遇術」講演後の打ち上げ風景。一気に和やかな雰囲気に変わりました(^^)

========================================
セラピストあいの施術ご希望の方は、

恵比寿のスタジオでも、往診でも受けられます。

詳しくはコチラをご覧の上、お問合せ下さい。

http://aiai.work
 

250×250